「新車試乗インプレッション」と「自動車批評」を主とするBLOGですが、ここに記されているレポートは鵜呑みにせず、ご自身で何事も検証してください。自己検証が大事だ、と言い続けたいブログなのです。

【J31ティアナ】ジウジアーロ・ホイール?





いちおうジウジアーロデザインのホイール、だそうです。
7J×17、オフセット45mm、ハブ径73mm・・・
なもんで、ハブリング73⇒66mmも同時購入。
ナットは社外品の黒ナット。
っつ~~~か・・・





ダ、、、ダッサァ~~~( ̄▽ ̄;)





オトーサンが無頓着に買ってきた自動後退のセール品の安物然とした雰囲気満々。
っていうか、ホントにこれジウジアーロデザインなんですかね。
ジウジアーロのホイールといえば、いにしえの名品「スカッキエーラ」のシリーズが有名。
碁盤の目のような模様に切削処理のディスク面が美しかった。
それが見る影も・・・






もしかして、名義貸し?
工エエェェ(´д`)ェェエエ工
イタリア人、名義貸し好きだからなあ←ホントか?!
IIIIIIIIIIIIID
みたいな、イタルデザインのロゴ、普通なら入れるよね。
マスマスあやしい(;¬_¬)







とりあえずピアッツァのカタログで見たサインは入っとるバイ
ヮ(゚д゚)ォ!




でもね。それでも敢えてこれを取り付けたのは理由があって、J31ティアナって個人的にホイールが内に収まりすぎな気がしてたんです。いや、見た目は、むしろ純正の割には外に出ている方だと思う。だけど、走ってみると・・・



↑↓>_<↓↑




的な?って意味わかりますかね(笑)。つまりH脚みたいな感じで内股然としたナヨナヨ感たっぷりな動きがどうも頼りなかった。加えてサスペンションストロークも短いと感じられたし、バネ系のフリクションも小さくないという感想も持っていた。




そこで、ややオフセットを浅くしてホイールを外に逃がすことで、テコの原理でストロークアップを目論見、同様、テコの原理でストローク系のフリクションをごまかせるんじゃないかという読みもあって、こういうチョイスになりました。





純正:6.5JJ×16、オフセット50mm



ジウジアーロ:7J×17、オフセット45mm





ホントはV35スカイライン後期用17インチとかも視野に入れてましたが、けっこうお高めね。あってもキッタねえのばっかし。それじゃあと程度の良さとか銘柄の希少性とか、ジウジアーロのネームとか、そういうのを買ったつもりなんですが・・・





ここまで見た目がサエねえとは!!!
( ゚д゚)ドカーン!!





ジウジアーロホイール中古ヤフオク・・・・・・・・・18000円
黒ナット新品20ケ、ヤフオク・・・・・・・・・・・・  2260円
ハブリング新品一台分ヤフオク・・・・・・・・・・・  1520円
GY/LS2000HB、215/55R17新品一台分ヤフオク・・・33296円
Dラー様へお支払いした工賃・・・・・・・・・・・・・・19480円
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
合計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・74556円





で、いちおうインプレッションしておきますと、まず、チョイスしたタイア、GY/LS2000HBはもはや古参ですが、印象はナチュラルです。グリップもほどほどという感じで、ムキになって作っていないよさを感じます。ややロードノイズ、というかゴロゴロ感はありますが、皮むきが終わった段階でどうか、といったところ。タイアのもたらす乗り心地はややソリッドになりましたが、インチアップの弊害である重さは感じません。まあいい感じでしょう。



狙っていたオフセット変化によるストロークアップやジオメトリー変化の体感は、あります。ナントカ細胞のように、ありま-ス!! イヤだったナヨナヨH脚感はかなりなくなった。コーナーでも踏ん張るようになった。ストロークも素直になって余計なピッチング類も減った。こちらの要素でも、まあいい感じです。





あとは見た目にドンダケ耐えられるかだな。
(o゚Д゚ノ)ノ










これ、冬タイアを履かせた、J31ティアナ後期用ホイール。
ナニゲにけっこう似合ってると思ってました。
ドレスアップ的には、今回は完全に後退、ドレスダウンw
ま、もともとティアナってサエねえ感ji・・・
ウルセエ俺は気に入ってんだッ




で、夏タイアに換えた途端、夜に出先で雪がパラつき冷や汗かいたのはナイショである。





ごきげんよう、サヨウナラ。
( ´ ▽ ` )ノ







2017.2.24
前田恵祐

拍手[8回]