「新車試乗インプレッション」と「自動車批評」を主とするBLOGですが、ここに記されているレポートは鵜呑みにせず、ご自身で何事も検証してください。自己検証が大事だ、と言い続けたいブログなのです。

【Y50フーガ】縁あって



さて、、、とw







やってまいりましたY50フーガ。
ティアナがあまりにも「幸薄い」カンジだもんで、
もうチョイマシなの、ないかしらと探していたら、カーセンサー物色中にヒット!!







サンルーフ、17インチアルミホイールがオプションで選ばれた個体ね。

ん?

べつに17インチなんてみんな標準じゃーん《゚Д゚》的な?


まあこれ見ろや((((;゚Д゚))))~))/)))







まあ、ズームするとだな。







まあ、こういうことなんだわ。
純正4本出しマフラーにまごうかたなき450エンブレム。
450は18インチ標準ね。これ、17インチへのダウングレードオプション選んだ個体です。
まあ、このグレード自体そんなに希少ってコトでもないけど、
やや品薄気味の4.5リッターV8、333馬力仕様です。
ヒトコトで言って、
爆速《゚Д゚》;;;
エンジンルーム撮影忘れたわ(汗)







オプション17インチのおかげで乗り心地はややしなやかだけど、
でもフーガ特有の直線的でソリッドなBMW的乗り味はやや後退。
ま、それはそれでアジなんですけど。







オプションの本革内装でフォーブ色選んでます。
車体色のグレイッシュブロンズと合わせてテーマ色ですね。
いい組み合わせ、不人気色だけど気に入ってます。
ちなみに木目は、言われないとわからない本木目な罠w
走行も少ないので傷みも少ない内装です。







本革エアシートです。
オナラしたらオコられそうです。
なんつったって私にとって史上最高級にして最大寸法、最大排気量、最大出力。
けっこう緊張してますが。
でも、今回の購入価格は安かったんです。







視界がよく、明るくて広い後席の居住性は優秀。







Aピラー内装は黒くしてってば((((;゚Д゚))))







写真に撮りきらんやったけど、間接照明まであったりして、
なにやら懐かしのY32を思い出しますな。
他、レーダークルーズとか諸々有り難アメニティもあってだね、
なかなか満足なエクイップメント。
オーディオだけ、BOSE選んでないのよね、音質、ここだけはティアナにオチる。
ザンネン無念。
JBLに付け替えようかなトカ。



++++++++++++++++++++++++++++++++++++



で。



このクルマの目玉はなんつったって、VK45DE、333馬力エンジンですね。
これ、普通のフーガのボディにそのまま載せてる。
地味な見てくれに強力無比で、しかもキモチ良いエンジン。
背広の下にピストル忍ばせて街を歩いているかのような感覚です。
で、実際に、モーレツに速い。
で、まだ測っていないけれど、燃費はモーレツに悪いんだろうよね(´・ω・`)
サンルーフ、18⇒17インチダウンオプションなど選んであって、
なおのこと450と判別のしにくい外見を持っているこの個体。



平成18年6月登録。
フーガ450登場が2005年夏だから一年近く後の登録ながら、車台番号は50番台。
そんなに売れてなかったのか、たんなる長期在庫だったのか、はてさて。
今日の段階で走行距離22000キロメートル台。
ワンオーナー記録簿有りの多分禁煙車、というお約束のワタシが買うパターン。
日産プリンス系の中古車店からの購入で総額100万円しなかったのよね。
安い。これは。
なんかワケありそうだけど、
内装にエグレがあったりメッキが錆びてたりして、程度はね、ソコソコです。
それに不人気グレード不人気色、不人気オプションともあればね、そーなるか。
どーなんだか、で。



そーゆーわけなんで、
Y31グロ爺とともに、Y50フーガ450を所有することに相成りましたとさ。



2017.6.13
前田恵祐

拍手[11回]