「新車試乗インプレッション」と「自動車批評」を主とするBLOGですが、ここに記されているレポートは鵜呑みにせず、ご自身で何事も検証してください。自己検証が大事だ、と言い続けたいブログなのです。 キミたちはもっと利口にならなければ、利口になろうと思わなければならない!

東海道線・国鉄211系車輌に乗っておく



2012年4月いっぱいで東海道線東京口からは撤退とのことで...

.




思えば3ドア車というのもいまや珍しい。
私鉄には残ってはいるものの、乗降性向上を名目に多くの鉄道車両は多ドア化された。
国鉄時代後期に製造され、20年以上一線で活躍した211系が東海道東京口から撤退する。
新しいブラックフェイスもいいが、電車らしいウナリ音が聞けなくなるのは寂しい。
撤退を前に、東京から横浜の間、ちょっとだけ乗ったのでその記録である。






快速アクティー。






ボックス席仕様先頭車。
3ドアのためシートピッチが広く、きもーちゆったり。
窓も大きく、数も多い、だから明るい。






乗るなら先頭より、「モハ」で動力音と堪能する。






昭和61年製、寅年というわけか。






灰皿痕と思われるリベット。
そう、昔は電車でタバコ吸えました。
僕は生涯嫌煙だけど。






最近の車輌にはこうしたサービスリッドもないですね。






多分これオリジナルではないです。
更新時にシートそのものが変わってるはず。
むかしはもっとフカフカでした。






モハ210-8






LEDでない行き先幕「快速アクティー、熱海」






バイバイありがとうサーヨおなら~って頭んなかで流れてました(?!)が、
でも廃車ってわけじゃないみたいで、
どうやら首都圏における115系の置換え要員になるとか・・・(どこに生き残ってるのか?)
この系列は昔の113/115系のように用途別の作り分けをせず、汎用性が高いみたいなので、
まだまだ活躍の場があるようなのですね。
このあいだ乗ったJR東海の211系も近く313系に置き換えられるみたいだし、
国鉄時代の車輌がどんどん消滅、淘汰されるのは寂しいですね。
首都圏では205系の生き残りとわたしも大好き185系だけ、ですか・・・
昔の電車って今見ると大らかさがあって好きなんです。
おおらかさはゆとりだし、ゆとりは気をラクにさせてくれる気がする。
233系もいいけれど、乗り心地も室内もピシッと理詰めすぎちゃって、息苦しい。
シートピッチにしても、窓明かりにしても、音にしても、
なんかホッとできる旧型車輌が私は好きですね。









前田恵祐


.

拍手[0回]