「新車試乗インプレッション」と「自動車批評」を主とするBLOGですが、ここに記されているレポートは鵜呑みにせず、ご自身で何事も検証してください。自己検証が大事だ、と言い続けたいブログなのです。 キミたちはもっと利口にならなければ、利口になろうと思わなければならない!

ここまでは速い

1/24タミヤR33スカイラインGTS25tタイプM~製作風景
.

実質開始から1.5日でござい。




例によって内装先行の製作工程。




もういっちょダッシュボード。
ダッシュボードって塗り分けその他メンド臭いわりに、出来上がっちゃうと一番見えないの。
いまのうちにとくと堪能。




黒の樹脂部分、ミディアムブルーのシート地、赤っぽいウッド。
このカラリングでピーンと来た貴方はきっとラテン車好き。
僕も前に乗っていたあのクルマのカラリングテーマ(!!)




シャシのほうも着々と。
ビル足も見えるでしょ。
キャリパーは純正のクセにチタンゴールド。
これは純正5本スポークのホイルから覗けるから大事なポイントね。
前足は接着乾かし中。
アッパーアームがちゃんと乾燥して強度が出ないと組み立てしづらいの。






まぁ、ここまでは速い。いつものコッて。
シャシと内装が終っても、ボデーの完全乾燥にはせめて一週間。
その後研ぎやらクリア乗せやら塗り分けやらで手間がかかる。
なんせいつも見えてる一番大事なところ。
サクサクとはいえ手を抜くとあとで残念な気持ちになるのよね。




前田恵祐


.

拍手[1回]