「新車試乗インプレッション」と「自動車批評」を主とするBLOGですが、ここに記されているレポートは鵜呑みにせず、ご自身で何事も検証してください。自己検証が大事だ、と言い続けたいブログなのです。 キミたちはもっと利口にならなければ、利口になろうと思わなければならない!

Monthly Talk 201010


01 Oct , 2010



 NHK、朝の連続テレビ小説「てっぱん」が始まった。前作「ゲゲゲの女房」とは違って完全な現代劇だがその舞台となる尾道(この後変わるのかもしれないが)の風情や家族全員が揃って朝食をとる様子やイキのいい人たちや尾道弁もいい。沈滞した世の朝を明るくカラッとした時間にしてくれる。物語はけっこうヘビーながら。久々に登場した安田成美もいい。時々テレビに姿を見かけていたが、かつてトレンディドラマのヒロインだったこの人ももはやいい母親役であり、実際にそうなのであろう。腹の据わったいい母ちゃんを好演する。現代劇なのだが、どこか懐かしい。それが朝ドラ。


 朝は朝ドラを見れずに出勤する。どうやら今もっている携帯移動機にはTVチューナーがついているらしいが、駅前のマクドナルドで朝マックしている間に見る気にはなれない。だから夜家に帰ってからHDDに録画したものを見る。しかしその頃には古舘伊知郎キャスターの「報道ステーション」の時間だからどっちを見るかを天秤にかける。ましてや昼間の再放送の「相棒」なんかの録画がひっかかっていればそれも見なければならずさらに頭を悩ます。どんだけテレビっ子なんだ。どうにも昨今の楽しみはこの録画テレビを選り分け再生する時間ばかりの自分である。


 F1を生で見るにはCSに加入しなければならないことはわかっていたが、やはり地上波で見続けている。あのデコレーション過多なF1中継はいい加減ウンザリだが、そもそもF1そのものがかつてほどつぶさに見ておきたいほどの魅力を放っているわけではないから、ダイジェストとしてみる分には充分。ま、そういう言い訳。そりゃCSで生で見れたほうがいいに決まっている。


 最近はいちいち画面の上下に”はやくしろ”というメッセージが出てきてウザい。国の都合でテレビを買い換えねばならないことにはいささか不服である。そんなカネはない。どこまで貧乏人いじめをすれば気が済むのであろう。










前田恵祐


.

拍手[0回]