「新車試乗インプレッション」と「自動車批評」を主とするBLOGですが、ここに記されているレポートは鵜呑みにせず、ご自身で何事も検証してください。自己検証が大事だ、と言い続けたいブログなのです。 キミたちはもっと利口にならなければ、利口になろうと思わなければならない!

Monthly Talk 201101


01 Jan 2011



大晦日は夕方まで寝に寝まくって、そして腹が減って蕎麦を食い、マックも食った。
年越しマックは我が家の慣わしである。
その後もう始まってしまっていた紅白の録画を後追い再生しながら、
飛ばし飛ばしに見てコブクロだけはフルコーラス見て、
そして年が開け、あわてて今年仕様のプロフィール画像に差し替え。
それもBLOG、ツイッターもろもろ、いろいろ。



そうそうカレンダーも差し替え差し替え。
ああ疲れたと思ったかと思えば、
さあこれから一昨日の夜慌てて15分でこしらえた年賀状を印刷するかどうするか、
迷った挙句、そうだ、マンスリーを書かねばと気がついて書き始める。



こう書くといかにも慌しい年末年始を送っているかのように見えるが、そんなことはない。
年末で仕事の契約がなくなり、年末の忙しさで次の仕事も見つからず、
結局”無職”のまま年を越すという派遣難民状態なのである。
さあどうしよう、しかし慌てたところで貰いは少ない。
なるようにしかならぬ。
すべきことを淡々とこなすだけである・・・
なんてことをぐるぐる思ったり巡らしたりしながら、年賀状を書こうという、
そういう年末年始、やっぱり頭の中は忙しいのかもしれない。



昨年はシフト勤務の職場だったために新車試乗には出かけやすかった。
なんせ試乗には平日である。
休日のカキ入れ時に試乗だけの目的でディーラーを訪れる、じつに無粋な真似。
平日のディーラーさんは比較的のんびりしている。
平日に試乗に訪れた僕を「時間の有効利用です(暇つぶしの意)」、
などと言ってくれるセールス氏もいるくらい。
時間もゆっくりと取ってくれるし、余裕があるからきちんと質問もできる。
取材には平日なのである、からして、やはりシフト勤務の職場がいいな。



クルマは人と同じように空気を吸って心臓を動かし人に翼をさずけてくれる。
人が意思を持って自動車という道具をこの世に生み出し、育み、
また、人はクルマごときに、喜び、悩みもする。
そうしたクルマとクルマの周辺で起こっていること全てが”クルマ”である。
だから新車が出たからと暢気に喜んでばかりいられる自分ではない。
そのクルマが今そこに新車として立っている理由を考える。
今年もそんな日々に明け暮れるだろう。
それが僕のライフワークだから。



ともあれこうして年は明けた。
昨年はあっというまに駆け抜けていった。
その中でどこか目的や目標のようなものを見失っている自分がいた気がする。
今すべきこと、できること、守るべきこと、
また、どのように進んで、その結果はいつどのように開花するのか。
こうしたことももっと自分の中で明らかにしておかなければならない。
忙しさにかまけて見失うが、
しかしきちんと頭の中を整理整頓できていればおのずと今すべきことは見えてくる。
いい歳になっても課題は続く。



今年もがんばっていきましょう。










前田恵祐


.

拍手[0回]