「新車試乗インプレッション」と「自動車批評」を主とするBLOGですが、ここに記されているレポートは鵜呑みにせず、ご自身で何事も検証してください。自己検証が大事だ、と言い続けたいブログなのです。 キミたちはもっと利口にならなければ、利口になろうと思わなければならない!

Monthly Talk 201306


09 Jun 2013


 世の中ではAKB総選挙なるものが行なわれたらしい。誰がいちばん人気があるか、というのを大掛かりにイベントとしてやってしまう、世の中、マスコミ巻き込んでやってしまう、しかしそれも何の意味があるのかといえば「経済効果」だろう。世の中が動けばカネが動く。実際の数値を知っているわけじゃないが、いちアイドルグループが巻き起こしている騒動としては破格のものがあるのだろう。


 しかしてその実、彼女らは48人だかそれ以上だかのメンバーを抱えており、様々なファンの好みに行き届いたタレントを取り揃えているということらしいが、実のところ、5人や10人のメンバー数ではここまで大袈裟にはできないし、物量作戦で打って出ているに過ぎないと思う。それが悪いとは言わないし、でも僕は大島優子くらいしか興味がない。大島優子は芸歴も長くどんな番組に出させても安定感があり、掛け合いのセンスが抜群だ。実に手練。見ていて安心感がある。


 昔ほどピンのアイドルというのはいなくなった。アイドルはアイドルグループだ。たしかにその方が集客しやすいかもしれない。一人でステージに立ってマイクを握るより、よりどり揃っていた方がいい、AKBはその最たるものだろう。むしろピンで活躍する人は、アイドルタレントというよりむしろシンガーや女優、でなければバラドルとかグラビア系という方向に進んでいるのは確かだろう。昔の聖子ちゃんや百恵ちゃん式のアイドルはほんとうにいなくなった。それもこれもすべて集客力=収益率に拠っていると思うのだがいかがだろう。しかしその方が一人のタレントの肩に依存しすぎず、分散するという利点もある。そのほうがタレントもプレッシャーからいくらか解放されるかもしれない。


 以前、結婚前の上戸彩を良いと思っていたのは、ピンでアイドルをやっていたからだ。それがどこか懐かしい感じがしたのである。その意味では後に続く剛力彩芽や武井咲も同様の路線といえる。オスカープロはモデル事務所だったが、タレント政策においてはけっこう旧式だ。と、思ったら最近になってユニット形式の新グループを誕生させたようだが、はたして。


 そんなユニット系アイドルに向かって、歌唱力や演技力や、あるいは顔の好みの云々をいうのはナンセンスだ。彼女らが召集されたのは、とにかく集客するためなのだから。アイドルに向かって歓喜し、熱狂し、ワイワイとお祭り騒ぎをする。そう、総選挙という名のお祭りなのだ。日本人はお祭りが大好きなのだから。


 しかし本当の総選挙、政治の総選挙がお祭りになってもらっては困る。







前田恵祐



.

拍手[0回]