「新車試乗インプレッション」と「自動車批評」を主とするBLOGですが、ここに記されているレポートは鵜呑みにせず、ご自身で何事も検証してください。自己検証が大事だ、と言い続けたいブログなのです。 キミたちはもっと利口にならなければ、利口になろうと思わなければならない!

#100 その意外性こそ評価の対象

ダイハツ クー 1.3CL ~ 試乗インプレッション(2012.7)
.
~ 試乗記の読み方 ~

 この試乗記は筆者による個人的な印象記に過ぎず、ここに記された内容は必ずしも読者が実車から抱く感想と一致しない場合があります。人間にはそうした個人差、個体差があるものなのです。それが俗に言う個性であり多様性と言い換えてもいい。故にこの試乗記を鵜呑みにしてはいけません。車両購入の際には必ず購入者自ら実車に触れて検証と確認を怠らず、購入者が主体性を持って車種選定の判断を行うことが原則です。したがって・・・

買うときには自分で試乗して確かめる
筆者の言うことに左右されない
自分がいいと思ったものを購入する

・・・これらのことは最低限です。当たり前のことですが、それができない人が多いようです。この試乗記は指示書でも教科書でもバイヤーズガイドでもなく、購入者に試乗の手間を省かせる目的のものではありません。だとしたら何者であるかというと、クルマを「検証する手法」の提示をしているに過ぎません。しかし、その検証の手法、いわゆるモノサシというものがかなりブレているのが今の世の中、今のユーザーのように筆者には見受けられます。そこで、「私ならこのように確かめる」という意味合いでこのような記事の掲出を行っているもの、とご認識いただきたいと思う次第です。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++


 トヨタbBが見かけによらず、乗ってみるとけっこうマトモなクルマだと言う噂は耳にしていた。格好だけじゃないか、しかもあのフザケたタチの悪いジョークのような・・・しかし私はジョークは嫌いではない。そしてその中身がしっかりしたものならデザインの遊びは大いに結構だと思っている。食わず嫌いを返上し、ダイハツ・クーの試乗車で確かめてみた。



エクステリア



 bBのあの人相の悪さはちょっと控えめになっていて、名前の通りクールな印象にはなっている。bBよりこちらのほうがいいという人はいるかもしれないが、市場ではレア物件である。




 ウエストラインは高いが、乗ってみるとあまり気にならない。




 このリアデザインのカタチを見て、僕はエリンギを思い出しました。



視界・扱いやすさ



 先述の通り思ったほど囲まれ感は強くなく、適度に視野は広い。ダッシュボードがゴテゴテしていないところも効いているのだろう。ベンチシートにコラムシフト。しかしbBにあるマッタリモードはなく、その代わり運転席シートリフターを備える。実用重視。パワーウインドウは運転席のみワンタッチ。駐車ブレーキは足踏み式で解除は二度踏み。
(注:bBも現行モデルではマッタリモードは省かれている)




 設計年次が知れる。Aピラーはちょっと存在感がある。



インテリア・ラゲッジ



 平板なベンチシートでセンターアームレストを出してダラリと片手運転(非推奨)するのがこのクルマの乗り方なんだろう。シートそのものはアンコもしっかり詰まっているし、機能としては悪くない。ただ柄がイマイチさえないね。

前席ヘッドルーム:こぶし1つ半




 若い人のパーソナルカーという位置づけだから後席はあまり重視されていないが、いちおうの広さは確保されている。ベース車がパッソだから基本的な間取りが真面目だったおかげだろう。後席中央ヘッドレストを備えていない試乗車は最新版ではないようだ。

後席ヘッドルーム:こぶし1つ/膝前:こぶし1つ半




 ラゲッジは後席を倒さなくてもそこそこある。



エンジン・トランスミッション



 トヨタの2NZかと思ったらダイハツ製K3という型式のエンジンだった。いずれにしても常用域からフラットにトルクがあり、今や年代モノの4段オートマチックの組み合わせもじつにいい按配。エンジンが活発でそれを無駄なく使い切ろうと真面目にプログラムされた4段オートマ。CVTが不真面目だとは言わないが、ドライバビリティのドの字もないようなドライバー不在のものも中にはある。それを考えるとずっとすがすがしい印象の4段オートマだ。



足廻り



 パッソがベースだからあまり期待はしていなかったが、まずステアリングの手応えが意外なほど素直で、タイアがどの方向を向いているかを手のひらに伝えてくる。ロールの発生と曲がり軽快さのバランス良好。ブレーキをダブらせたときに路面の不整を通過するとややバタつくのは仕方がないとして、5年以上前設計のクルマとしては充分合格点ではないだろうか。



結論

 カタチはカタチ、内装は内装として、乗り物としてはけっこうマトモに、というかいちおう機械として筋の通った仕上がりに成っていることは確認できた。もはやハンドルも足回りもフニャケたパッソあたりに乗るよりずっと気の効いた選択、というかジョークになるんではないかな。ダイハツ版なら少しはワルっぽさも弱められているから。ハズシの選択としていかがか。






--------------------------------------------------




5段階評価/★★★★★
私はキライではありません。bBでもいい。




--------------------------------------------------





試乗データ

試乗日:2012年7月5日
試乗車:ダイハツ クー CL(車両本体価格:1,500,000円)
型式:CBA-M401S
エンジン:K3-VE
トランスミッション:4段オートマチック(コラムシフト)
駆動方式:FF
全長×全幅×全高:3800×1690×1635mm
ホイールベース:2540mm
最小回転半径:4.9m
車両重量:1060kg
10・15モード:16.4km/L
ボディタイプ:5ドアハッチバック
ボディ色:ダークレッドマイカ<R54>
内装色:ブラック/ファブリック
装着されていたオプション:
 フロアマット
 アクリルバイザー




--------------------------------------------------





メーカーサイト

http://www.daihatsu.co.jp/lineup/coo/




--------------------------------------------------
 



ご留意ください
この試乗記は貴方の試乗を代行するものではありません。
感じ方や考え方には個人差があります。
また、製品は予告なく改良される場合があり、
文中にある評価がそのまま当てはまらない場合もあります。
購入前にはぜひご自分で試乗をしてよくお確かめください。





前田恵祐

.

拍手[0回]