「新車試乗インプレッション」と「自動車批評」を主とするBLOGですが、ここに記されているレポートは鵜呑みにせず、ご自身で何事も検証してください。自己検証が大事だ、と言い続けたいブログなのです。 キミたちはもっと利口にならなければ、利口になろうと思わなければならない!

カムリはセルシオになった?



 セルシオはかつて「トヨタブランド」のトップだった。トヨタ車の一員として、トヨタの理性と念ずるところに則ってすべての面で最上級にして「最良質」なクルマだった。少なくともレクサスが国内展開されるまでは。レクサスが登場するとトヨタのトップはマジェスタに変わったが、しょせん水ぶくれしたクラウンに過ぎないマジェスタにセルシオの任は務まらない。最初からわかっていたことだ。


 しかし、かつてセルシオの、引きも足しもしない、清廉潔白な魅力に惹かれていた人にとってレクサスLSもまたセルシオの後任とはならなかった。それはやはりレクサスというブランド水増し分がのしかかったせいでセルシオの持っていた「清潔」な印象がボヤケたからに他ならない。かといって彼らはクラウンには乗らないだろう。ヒエラルキーとはそういうものだ。せっかく国内にセグメントしたセルシオマーケット、しかしそれはトヨタにとって利潤の薄いマーケットであったのかもしれない。その証にレクサスの冠がついたことでどれだけ値上げされたことか。


 セルシオは、即ちトヨタブランドであったから意味があった。トヨタ自動車の発祥からの集大成として君臨していたセルシオは、銘柄そのものの歴史は浅くても、トヨタブランドとしての歴史をきちんと継承していたのだと思う。だからこそクラウンの次の行き先としてセルシオはすんなりと受け入れられた。


 トヨタブランドの清廉潔白な高級車を探すと、センチュリーは元から別次元のクルマだし、マジェスタは例によって水増しクラウンだし、そもそものクラウンもなにやらピンク色に塗られて迷走気味。そう考えると、スタンスがきちんとしていて、かつトヨタブランドを長年愛用してきた人から見て素直に受け入れられる「清潔感」をもっているのは、僕はカムリだと思う。


 カムリはなにより佇まいがいい。日本的な静寂を感じる。そこにセルシオに通ずるものを感じさせるのだ。ましてやレクサスのように水増し請求されているモヤモヤ感がない「トヨタ自動車」の請求書が届くことにそこはかとない安心感と信頼感が訪れる。ハイブリッドシステムはもはや使い古されたものではあるが、高級車としてみればじつにエコノミーなパワーユニット。それがまた時代に合っている。時代に合っているということは、即ち指導者層に受け入れられる必須条件なのだ。


 迷走のクラウン系列より、水増しのレクサスより、カムリ。その立ち位置とキャラクターが清廉潔白。だからこそ売上げを伸ばしているのではないだろうか。町を行くカムリの多さは、相応に目が肥やされたトヨタユーザーを納得させた証拠だし、トヨタユーザーがカムリのようなクルマを求めていたこともまた事実だろう。カムリこそ、セルシオが持っていたトヨタへの「信頼感」を正統に引き継いだ、真の後継者だと僕は思うのだがいかがだろうか。











前田恵祐

拍手[16回]