「新車試乗インプレッション」と「自動車批評」を主とするBLOGですが、ここに記されているレポートは鵜呑みにせず、ご自身で何事も検証してください。自己検証が大事だ、と言い続けたいブログなのです。 キミたちはもっと利口にならなければ、利口になろうと思わなければならない!

小ささが大きいというはなし

売れていないが積極的に選ぶ理由 ~ マークX ZiO




 このあいだのレジェンドの話にも似たようなものとして、マークX ZiOがある。都心を歩いていてやはり目に付くのは、皆が常識的に選ぶ銘柄に埋もれない少数派、というか、あまり売れていない、いうなれば浮ばれないクルマ。しかし大勢の中では個性を大いに発揮するから、時折視界に入ると印象に残るわけだ。



 マークX ZiOには登場したばかりの頃に試乗した。オデッセイの対抗馬として気になったのだ。しかし乗ってみればそれは違うとわかる。まず、小さい。オデッセイの全長が4.8メートルあることに対して、ZiOは4.7メートル内外に収めている。3列目を見切っているというのもあるが、見切っていいと判断したトヨタの潔さと、やはり使い勝手への配慮だろう。室内の雰囲気もファミリーカーというより、やはりマークXの側、パーソナルカーに拠った仕立てで高級感あり。これはオデッセイの対抗馬とは言い切れないと思った。






 3列シートミニバンないしはワゴンに乗りながら、じつはせいぜい乗せても4人、雨が降ったときの親切のため、くらいにしか3列目を使用しない、でも無いと困る、という人は結構多いんだろう。ましてや都市部で駐車スペースにも限りのある家が少なくない中、4.7メートルなのか、4.8メートルなのかの違いは、じつはかなり大きい。実際問題都市部のユーザーの声として、マークIIはダメだが、プログレなら・・・そんな話しも聞いたことがある。例えばこれと同じような理由でオデッセイやその他ミニバンではなく、こじんまりとしたマークX ZiOを積極的に選ぶ都市生活者がいてもおかしくない。



 そう、マークX ZiOはモノわかる都会人の為のクルマなのだ。むしろ、土地が余っている田舎モンが乗る理由がわからない、とさえ言ってしまいたい。かといって、多数派にはならない。こじんまりとしながらも確実に顧客を掴んでいるマークX ZiOには侮れない実力を感じつつ、その日もオフィスへと向かっていく私なのであった。





toyota.jp マークX ZiO
http://toyota.jp/markxzio/index.html









前田恵祐


.

拍手[1回]