「新車試乗インプレッション」と「自動車批評」を主とするBLOGですが、ここに記されているレポートは鵜呑みにせず、ご自身で何事も検証してください。自己検証が大事だ、と言い続けたいブログなのです。 キミたちはもっと利口にならなければ、利口になろうと思わなければならない!

マクラーレン MP4/8 1993




彼が最後に輝いていたのはこの頃だった.

アイルトン・セナはこの翌年、亡くなってしまうのだけれど、
その直前の1993年という年は彼がもっとも円熟し、闘志も燃やし、体力や集中力も充実して、
そして、ある意味、マシーンにも恵まれた一年だった。


1992年一杯でホンダと決別したマクラーレンは次のパワーユニットにフォードを選択する。
この選択には紆余曲折があって、
やれルノーを横取りするのか、ランボルギーニV12でいくのか、と諸説乱れ飛んだ挙句、
の、フォード、しかもワークスではないカスタマー(販売)仕様。
しかしホンダの大きく重いV12が去ってマシーンの設計自由度は高まり、
このMP4/8というクルマはきわめてコンパクトで重量バランスも良く空力にも優れた代物。
スピードでこそ劣ったがマシーンバランス改善による運動性能向上は明らか。
そこにようやく熟成されてきたアクティブサスやTCSなどのハイテクが後押し。


開幕戦、南アフリカ・キャラミ。
復帰緒戦のアラン・プロストを見事押さえ込んだレース序盤、
第二戦ブラジル、雨のインテルラゴスのミラクルな逆転劇、
第三戦ドニントンパークの、あの見事なレース運びは92モナコに並ぶ伝説でしょう。
そしてこの年のモナコもまたレースがセナに味方したようなレース。
タナボタといわれようが、その幸運をわが身に引き寄せる力をファンは疑わなかった。
この後、夏にかけてやや失速したのは非力なフォードが不得手とする高速コースが続いたこと、
それと、契約も一戦ごとでマシーン開発にも身が入っていなかったんではなかったかな。
事実、シーズンを通しての契約が成立した夏以降秋にかけてはまた力を発揮し、
鈴鹿、アデレードと連勝。
鈴鹿ではまた雨が味方し、アデレードでは完全に実力でウイリアムズ・ルノーを押さえ込んだ。
この年、プロスト7勝、ヒル3勝、シューマッハ1勝、
そのなかでもっとも力の劣るマシーンで5勝している事実こそ、
この年のセナのパフォーマンスを無言のうちに示している。


セナとマシーンが一体化しているように、僕には見えた。
マシーンと呼吸が合っている、だからこそ集中力も高まり、より高い実力も発揮させた。
人馬一体でサーキットを疾走する姿は、
マシーンとレーシングドライバーとの関係においてこれ以上の理想形はなく、
これ以降のF1で同様のシーンを見ることは今に至るまでない。
人、マシーン、そしていくつかの幸運によって輝きを放っていたこの年のセナ。
まさに最後のともし火だったのか。


しかし、こんなふうに運を使い果たしてしまうよりも・・・


彼の死後、何度となく思い巡っては消えていくのだった。












前田恵祐


.

拍手[5回]